女性の大敵「カロリー」を消費!

デブの原因カロリー摂りすぎに要注意!

脂肪燃焼スープは運動を組み合わせて効果倍増

脂肪燃焼スープというのが流行っていますが、これはスープだけ飲めば痩せるというものではありません。レシピとしては、基本的に野菜をたっぷり入れたスープですから、これを食事に組み込むことで栄養バランスがとれます。今まで暴飲暴食してきた人は、この脂肪燃焼スープを食事に組み込むだけでもダイエット効果があるでしょう。
スープをメインにし、副菜で低カロリーの野菜のおかずを食べたり、フルーツだけにしたりと、カロリーを押さえることがこのダイエットのポイントでもあります。野菜は食物繊維も多いので、便通もよくなり、体も軽くなるためトレーニングなどもはかどります。
赤身の肉を献立に入れたり、鳥のささみや白身の魚などでタンパク質を上手に摂取するのも重要です。
ただ、代謝が落ちていてもともと食も細く、隠れ肥満のようなタイプの場合、目に見えて効果が現れないこともあります。そういう場合には運動と組み合わせることで脂肪燃焼の効果が倍増します。
代謝が悪い人の場合、摂取カロリーをあまり減らすとさらに代謝が悪くなり、小食なのに太りやすくなってしまいがちです。あまりカロリーを減らさずに、筋トレやウォーキングを少しずつ始めることで消費カロリーを増やすのがおすすめです。
このスープをたくさん作っておくことで、あまり食事を作ることに気を取られずにダイエットが進められるというのもメリットの一つと言えるでしょう。ダイエット中の食事は低カロリー高タンパクで気を遣わなければならないため、野菜スープがあることでトレーニングなどに集中しやすくなります。タバスコやカレー粉などを入れることで発汗作用を増したり、味を変えてあきない工夫をしたりするのも続けるポイントです。